2017年8月10日木曜日

ブラジルの司教が「同性愛は神からの賜である」と説教



ブラジル Caicó 教区の司教 Antônio Carlos Cruz Santos は,730日の説教で「同性愛は,神からの賜である」と述べました.それに対する大きな反響を受けて,司教は86日,教区の website 声明を発表しました.そこにおいて彼は,LGBTQ+ の人々の自殺率が高いことを改めて指摘し,「死を惹起する偏見を克服し,命を救うことが,わたしの意図するところである」と述べました.

司教が730日,Caicó 教区の聖アンナ祭を締めくくるミサで行った説教の内容を,我々は,Crux 紙の記事にもとづいて,次のように要約します:

わたし(Cruz 司教)は,あるとき,ラジオで,transgender の人々の高い自殺率に関する研究について聞いた.そして,奴隷制が容認されていた時代の黒人と同様に,今 LGBTQ の人々が被っている社会的な偏見や誤解について考え始めた.

我々の SOGI (sexual orientation and gender identity) は,我々自身が選べるものではない.選択は自由意志において為されるが,自身の SOGI が如何なるものかを我々はあるとき所与として気がつくだけである.

我々は,sexuality を尊厳ある倫理的なしかたで生きることもできるし,逆に,放埒なしかたで生きることもできる.それは,SOGI の如何にかかわらない.

また,WHO は,LGBTQ をもはや精神疾患とは見なしていない.

選択でもなく,疾患でもないなら,信仰の観点においては,LGBTQ であることは神からの賜以外のものではあり得ない.

それに対して,我々が有する偏見は,神からの賜ではない.例えば,奴隷制が容認されていた時代,黒人は人間とは見なされていなかった.黒人には魂は無いと言われていた.それは,偏見のせいであった.

我々は,福音の知恵において,そのような偏見を克服するために跳躍することができた.奴隷制の容認から否定へ,両者を隔てるギャップを飛び越えることができた.まさにそのときのように,我々は,今や,同性愛に対する偏見を克服するために跳躍すべきである.

Papa Francesco は,慈しみをカトリック教義の出発点としたいと思っている.主 Jesus Christ は,慈しみのためにこそ,十字架上で高い代価を支払ってくださったのだ.

以上のような内容の説教に対して,称賛とともに,少なからぬ批判が起こりました.そこで,Cruz 司教は,86日,教区の website 声明を発表しました.そこにおいて司教は,カトリック教会のカテキズム 2358 段(注)を改めて引用しつつ,自殺を引き起こすような偏見を神の慈しみの力動において克服し,人々の命を救うことこそが,彼の意図するところである,と述べています.

(注)カトリック教会のカテキズム 2358 段:「無視し得ない数の男女が,根本的な同性愛傾向を呈している.(...) 彼ら・彼女らは,同性愛者としての自身の条件をみづから選んでいるのではない.彼ら・彼女らは,敬意と共感と気遣いとを以て受け容れられねばならない.彼ら・彼女らに対してあらゆる不当な差別の刻印は避けるべきである.それらの人々は,自身の人生において神の意志を実現するよう呼びかけられているのであり,また,もし彼ら・彼女らがキリスト教徒であるなら,同性愛者としての条件のせいで遭遇し得る諸困難を主の十字架の犠牲と結びつけるよう呼びかけられている.」

ルカ小笠原晋也

2017年8月9日水曜日

養子に洗礼を授けてもらった同性婚カップルを Papa Francesco が祝福


向かって左から,Alyson (16), Toni Reis, David Harrad, Felipe (11), 
子どもたちを洗礼した神父様,Jessica (14)

Brazil の Curitiba 在住の LGBTQ 人権擁護活動家 Toni Reis 氏は,本年06月04日付で手紙を Papa Francesco へ送り,彼と彼の同性パートナー David Harrad 氏との養子三人(息子ふたりと娘ひとり;ふたりの男の子のうちのひとりと女の子とは同じ両親から生まれた兄弟)が04月23日にやっと洗礼を受けることができたことを知らせました.


「やっと」と言うのも,彼らの子どもたちの洗礼の求めに対して Curitiba 大司教 José Antônio Peruzzo が許可を出すまでに三年もかかったからです.

Reis 氏は,子どもたちの夢は07月07日から13日まで一週間,家族旅行でイタリアに滞在する間に教皇から直接祝福を受けることだ,とその手紙のなかで教皇に伝えました.

残念ながらその夢はかなえられませんでしたが,Reis 氏のもとには07月10日付の Vatican からの返答書簡が国務省総務課補佐官 Monsignore Paolo Borgia の名義で届きました.


 
その手紙のなかで Borgia 神父は,Papa Francesco は Reis 氏の家族に神の恵みが豊かにあるよう祈っている,と述べ,教皇の祝福の意を伝えてきました.

Reis 氏は,彼の教皇宛書簡と Vatican からの返答書簡とを Facebook で公表しました.「養子に洗礼を授けてもらった同性婚カップルを,教皇が祝福した」このニュースは,世界中に報道されました.

カトリック教会の分裂を惹起しないために同性婚を結婚の秘跡として認めるところまでは踏み込まないものの,LGBTQ+ の人々を差別無く歓迎する Papa Francesco の全包容的な司牧姿勢が,改めて確認されました.

わたしたち LGBTCJ も,Papa Francesco にならって,神の全包容的な愛の福音を今後もますます日本社会に宣べ伝えて行きたいと思います.

ルカ小笠原晋也

2017年8月3日木曜日

Scotland の小教区教会が Facebook で LGBTQ 歓迎を表明

Scotland Glasgow 市の Cambuslang 地区にあるカトリック小教区 Saint Bride 教会は,724日,Facebook に「ゲイ歓迎」の表明を投稿しました(この場合,“gay” という語は LGBTQ+ 全部を指す広義において使われていると解釈します):


Fr Paul Morton

Fr Morton wants to repeat again that all gay Catholics are accepted and welcomed in this parish.
Every single human person is loved by God and created to love by Him, this is a fundamental belief of our faith. No one is ever excluded from God’s love or his concern or his care or his plan for them.
In God’s house all are welcome and are the blessed and loved children of God. There should be no place in our language or our attitude which allows for prejudice or exclusion.
Anyone who is gay and who wishes to share or discuss this with Fr Morton please feel free to come to the parish house. Also any family member who wishes to discuss or share this please come along.
We must do everything we can to redress the harm that has been done in the past by the negative stance we seem to have taken up. We must join with others who are seeking to build a more inclusive society.
Morton 神父は,次の告知を改めて繰り返したいと思います:わたしたちの小教区では,ゲイのカトリック信徒は皆,受け容れられ,歓迎されます. 
あらゆる人間は,ひとりひとり,神に愛されています.神により愛されるために創造されています.それは,わたしたちの信仰において根本的に信ぜられていることです.神の愛から排除されている人は,誰ひとりいません.人間に対する神の気づかい,神の配慮,神の計画から排除されている人は,ひとりもいません.
神の家では,皆が歓迎されています.皆が祝福されています.皆が神の愛し子です.そこには,偏見や排除を許容するような言葉や態度の余地はありません.
Morton 神父とこのことを分かち合い,このことについて話し合いたいと思うゲイの人,または,その家族の人は,どなたでも,わたしたちの教会へお出でください.
わたしたちは,カトリック教会が[LGBTQ+ に対して]取ってきたと思われる否定的な態度によって過去に為されてきた害悪を正すために,為し得るあらゆることをしなければなりません.より包容的な社会を建設しようとしているほかの人々と協力しなければなりません.


「改めて繰り返す」と言っているのは,既に今年の5月に,やはFacebook,こう告知していたからです:

Very often people in the Catholic Church who are gay feel excluded. Anyone who is gay and feels that they may wish to speak with Fr Morton about this area of their life, please make contact with him. We wish to emphasise in the strongest terms that we are a welcoming and inclusive parish.

カトリック教会のなかでゲイである人々は,排除されていると感ずることが,とても頻繁にあります.ゲイである人で,人生のその領域のことについて Morton 神父と話したいかもしれないと感じている人は,神父と連絡してください.わたしたちは,極めて強い言葉で強調したいと思います:わたしたちは,[LGBTQ+ の人々を]歓迎し,包容する小教区です.

USA の LGBT カトリックのグループ New Ways Ministry は,その blog で,Paul Morton 神父と Saint Bride 教会の包容的な姿勢が高く評価されていることを伝えています.

日本では?せっかくですから,この機会に皆さんにお知らせしましょう.今,浅草教会と上野教会の主任司祭を兼任なさっている晴佐久昌英神父様は,以前お会いしたときに断言なさいました:「わたしが司牧する教会では,LGBTQ+ の人々はいつでも大歓迎です.どんな差別も許しません.そう公に言ってもらって構いません.」

わたしが今までそのことを blog などに明確に書かなかったのは,単に適当な機会を見いだせていなかったからにすぎません.

神の全包容的な愛を実践する晴佐久昌英神父様の全包容的な司牧姿勢を,今や皆さんもどうか広く告げ知らせてください.

ルカ小笠原晋也

2017年7月26日水曜日

小宇佐敬二神父様の説教,LGBT 特別ミサ,2017年07月23日

2017年07月23日の LGBT 特別ミサにおける小宇佐敬二神父様の説教


  
Carl Bloch (1834-1890), 山上の説教 (1877), Det Nationalhistoriske Museum, Frederiksborg Slot

今日の福音朗読箇所 (Mt 13,24-43) は,「毒麦の譬え」と呼ばれる譬え話です.

マタイ福音書では,5 - 7章の「山上の説教」で,言葉による教えがなされます.8 - 9章では,癒しの徴 奇跡 による教えが描かれます.そして,10章で,弟子の選びと派遣が行われます.そこでは,派遣に関するさまざまな注意が,他の福音書よりも数多く語られています.次いで,11章で洗礼者ヨハネの弟子たちとの対話,12章でベエルゼブル(悪魔の頭領)に関するファリサイ派との論争と,「誰がわたし(イェス)の母であり,兄弟たちか」の問答が描かれます.そのような経過をたどって,13章で譬え話による教えが語られます.

一連の譬え話による教えの最初が,先週読まれた「種を撒く人の譬え」です.

それに続いて,今日の「毒麦の譬え」が語られています.それはマタイ固有の伝承資料に基づいている,と言って良いでしょう.構造的には,「種を撒く人の譬え」と類似しています.

始めに,イェス様は,毒麦の譬え話を語ります.次いで,種(たね)についての譬えがあとふたつ からし種の譬えとパン種の譬え が挿入され,最後に,譬え話を用いて話す理由と,譬え話の解説が提示されます.

おそらく,「種を撒く人の譬え」と同様に,この「毒麦の譬え」も,もともとはイェス様御自身の教えに属していたでしょう.

おもしろい譬えや興味深い教えは,聞く人の頭のなかにすぐに入り,記憶されます.ある人々は,それを書き残します.そして,いろいろに語り継がれて行きます.イェス様はアラム語で語ったはずですが,それがどこかでギリシャ語に翻訳されます.ついに,イェス様が語ってから50年後ぐらいに,福音書記者たちの手に渡ります.

そのような経過をたどりましたから,内容にもずいぶんと変化が起きたでしょう.譬え話の説明は,後から付け加えられたものです.イェス様が語ってから50年後の時点の教会の解釈と言って良いでしょう.ですから,実は,言葉の色彩がずいぶん変わっています.

イェス様が毒麦の譬えを語った状況を思い浮かべてみましょう.わたしたちの現実のなかには,さまざまな矛盾や不条理があります.自分の利益にもとづいてわがまま身勝手に振舞う人たちがいる.人々を抑圧し,弾圧する者もいる.なぜ神様は黙っておられるのか,なぜ神様は早く裁いてくださらないのであろうか そういう思いが信じる者のなかにも湧き起こってきます.そのような思いを受けとめながら,イェス様は毒麦の譬えを語ったのではないかと思います.

大きなテーマは,神の慈しみです.言うなれば,神様の気の長さです.わたしたちを世の終わりまで待ち続けておられる根気強い神様の姿が,描かれています.

譬え話の最後の部分で,毒麦 悪を行う者や不法を行う者 を良い麦から分けるという裁きのテーマが描かれています.しかし,この人は地獄,あの人は天国というような裁きの視点から物事を考えるのは,実は,思考方法としては非常に幼いものです.

イェス様のなかには,そのような裁きの考え方は,実は,ありません.

イェス様は,こう教えています:わたしたちは,ひとりひとり,神様の愛し子である.しかし,まだ赤ちゃんで,右も左も分からない,良いも悪いも分からない.そのような幼子として,わたしたちは世に置かれています.

神様の赤ちゃんは,神様の手のなかで,神様の恵みのなかで,育まれ,育てられて行きます.神様は,良いものは,より豊かな実りとして実現して行くよう,悪いものは,それを清め,新たにし,改めて行くよう,そのような育て方をなさっておられます.

わたしたちひとりひとりのなかに,善いものも悪いものも含まれています.神様が始められた善い業(わざ)は,必ず善いものとして実現して行きます.悪いものは,清められます.火で清める「精錬」のイメージです.

神様は,清めをとおして新たにしてくださいます.良いものはますます豊かになるように,恵みを与え続けてくださいます.わたしたちひとりひとりが神の子として実現して行くことを望み続けておられます.

そこにこそイェス様のだいじな理解,だいじな教えがある,と言ってよいでしょう.

神様の慈しみと忍耐というイェス様の教えに対して,50年後の教会のなかには「裁き」の発想が,解釈として生まれてきました.ある意味で,非常に興味深いことです.

その50年間に何があったか?ユダヤ・ローマ戦争の結果,ユダヤは国としては滅びました.そして,キリスト教会が誕生します.

ユダヤ・ローマ戦争における激しい迫害のなかで,多くの選別と裁きが行われた そのような理解が当時の教会のなかにあったのではないのか,と察せられます.

生き残った教会は,神様の栄光のなかでますます輝いて行く そういう未来への展望がうかがえます.ユダヤ人の滅亡と言ってもいいようなユダヤ・ローマ戦争の災難をくぐり抜けることができたがゆえに,生き残ったキリスト教徒たちは,特別に評価されている そのような思いが読み取れます.

もとのイェス様の「神の慈しみ」の教えから,50年後の教会の「裁き」の解釈へ その転換には歴史的な背景がある.毒麦の譬え話は,そのことを考えさせてくれます.

わたしたちは,聖書のテクストを読んでいくとき,どう読んで行くか.

神の慈しみと忍耐をしっかり抱きとめましょう.わたしたちひとりひとりが神の愛する子として実現されて行くために,わたしたちは,さまざまな苦難を乗り越えて成長して行くように,恵みのなかに置かれています.その恵みを受け取りながら,神の憐れみと慈しみと忍耐にわたしたち自身を委ねる それが,とてもだいじな姿勢ではないかと思います.

と同時に,今わたしたちが生きているということ,今ここに存在しているということ,さまざまな苦難を乗り越え,さまざまな排除を乗り越えて,生き残っているということ,そして,そこに神様の栄光に与る道が開かれて行くということ そのことも大切なメッセージとして受けとめて行きましょう.

聖書は,福音書は,歴史的な書物です.イェス様が語り,教え,十字架に架けられ,復活する その出来事から福音書が書かれるまでに,50年の時がたっています.その間,教会は,いろいろな経験をとおして,イェス様の言葉を,イェス様の出来事を,かみしめ直し,成長し続けます.

福音書が書かれるまでの50年にそうであったように,イェス様の出来事から今日に至る二千年間,わたしたちは同じように成長の道を歩んでいるのではないかと思います.

今日の困難を乗り越えながら明日へ向かい,神様が善しとして置かれたものは必ず善いものとして実現して行くよう,わたしたちが信仰によって日々を歩み続けて行くことができますように.

忍耐と慈しみと憐みに富む神が,わたしたちを「わたしの愛する子」と呼び,ここに置いてくださっている そのことの確かさを,わたしたちが受けとめ,「あなたはわたしの愛する子だ」という神の言葉を生きて行くことができますように.

共同祈願,LGBT 特別ミサ,2017年07月23日

2017年07月23日の LGBT 特別ミサにおける共同祈願


  
Caravaggio, Marie Madeleine en extase (1606), collection privée à Rome
  
わたしたちの LGBT 特別ミサのために祈りましょう.昨年717日,LGBT 特別ミサの第一回が行われました.日本のカトリック教会の歴史のなかで画期的な出来事です.今日もこの御ミサを司式してくださっている小宇佐敬二神父様を始め,わたしたちを祝福してくださった神父様たち  特に,司式してくださった関谷義樹神父様,晴佐久昌英神父様,Sali Augustine 神父様,Juan Masiá 神父様 ‒ に感謝します.場所を提供してくださっているカトリック関係諸施設に感謝します.わたしたちの活動を支えてくださっているすべての方々に感謝します.そして,愛の律法を教会の礎となさった主よ,あなたに感謝します.これからも,あらゆる性的少数者を祝福し,あなたの愛の恵みを皆に豊かに注いでください.カトリック教会を,あらゆる人々を歓迎し得るまことの神の愛の家にしてください.

同性カップルの愛と結婚のために祈りましょう.630日にドイツで,712日にマルタで,同性婚法制化が国会で議決されました.特にマルタは,2015年に同性婚が国民投票で認められたアイルランドとともに,国民の大多数がカトリックの国です.無限の愛の源である主よ,あなたは,異性どうしであれ,同性どうしであれ,ふたりの人間が真摯に愛し合うことを可能にしてくださいます.あらゆるカップルの絆を,あなたの愛のしるしとして,祝福してください.いまだに同性婚を認めることができないでいるカトリック教会を,すべてを包容するあなたの愛に従うよう導いてください.日本でも同性婚が法制化されるよう願うわたしたちを,慈しみ深く支えてください.

  
LGBT 自治体議員連盟のために祈りましょう.今月6日,わたしたちの友人,文京区議,前田邦博さん,世田谷区議,上川あやさん,中野区議,石坂わたるさん,豊島区議,石川大我さん,入間市議,細田智也さんら5人が発起人となり,日本の政治史上,画期的なことに,LGBT 自治体議員連盟が設立されました.特に,前田邦博さんは,記者会見の場で come out し,15年前に同性パートナーが亡くなったときの悲しい体験について語りました.慈しみ深い主よ,前田邦博さんの喪の悲しみを優しく癒してください.勇気をふるって立ち上がった LGBT 自治体議員連盟の人々を祝福してください.その活動が,うなじ頑ななる日本社会に変化をもたらし得るよう,お導きください.

引きこもっている人々のために祈りましょう.わたしたちの同胞のなかには,LGBTQ であるがゆえに学校や社会になじめず,引きこもりがちな生活をおくっている人々がいます.すべてを包容する愛である神よ,彼らの思いを聴き取ってください.彼らの苦悩を癒してください.彼らの命を慈しみ深く見守ってください.

昨日が記念日であったマグダラのマリアを思って祈りましょう.主よ,あなたは,娼婦として差別されていたマグダラのマリアに復活した御自身を初めて顕し,彼女を使徒たちの使徒として教会の起源に位置づけました.彼女と同様,わたしたちも,あらゆる差別を無効にするあなたの愛の証人にしてください.

7月26日は,相模原市の知的障害者福祉施設で起きた無差別殺傷事件の一周忌です.喪に泣く人々とともにいてくださる主よ,亡くなった方々とその御家族の涙をあなたの優しい指で拭ってください.傷ついた人々を慰めてください.障碍を持つ人々をあなたの愛の被造物として社会が全面的に受け容れるよう,人々を導いてください.あらゆる差別の壁を世界から取り除いてください.犯人が自身の過ちと罪を認め,悔悛するよう,彼のもとに聖霊を使わしてください.

さまざまな事情で今日,わたしたちとともにこの御ミサに与ることができなかった同胞たちとその御家族のために祈りましょう.主よ,あなたは,社会のなかで辺縁に追いやられた人々をひとりも見捨てません.誰も排除せず,誰をも包容する神の愛の恵みを,今日来れなかった人々にも豊かに注いでください.また,今日ここに集う幸せを恵み与えられて感謝するわたしたちが,ひとりでも多くの同胞たちへ神の愛の福音を伝えて行くことができるよう,主よ,常にわたしたちとともにいてください.

ルカ小笠原晋也
(注:相模原市の知的障害者福祉施設で一年前に起きた事件に関するお祈りは,参加者のひとりの方が共同祈願の際にしてくださったお祈りにもとづいて,付加しました.)

2017年7月11日火曜日

「皆のフェミニズム」のための祈り A prayer for Feminism for Everybody

2017年07月09日日曜日の午後,Chimamanda Ngozi Adichie の2012年12月の Ted Talk に基づく本 We Should All Be Feminists邦訳:男も女もみんなフェミニストでなきゃを材料にした会合 Feminism for Everybody に参加してきました.

その場でたまたま出会った枇谷玲子さんが御自身の blog で発表したレポートを,参照してください.上智大学教授の三浦まりさんや,Adichie の作品を邦訳してきた くぼたのぞみ さんのお話の後は,もっぱら,参加者たちが自身の経験を分かち合うことによる相互的な enlightenment の時間でした.女性たちがそのように率直に分かち合い,肯定し合うのは,大変有意義な経験だろうと思います.

LGBT Catholic Japan 共同代表のひとりであるわたし(ルカ小笠原晋也)としては,LGBTQ 人権擁護活動と feminism との連帯を日本で構築する可能性について考えるために,参加しました.会合の場には LGBTQ にかかわっている人はわたし以外,誰もいなかったようなので,ほかの参加者たちに性差別に関する新たな視点を提供し得たのではなかろうかと思います.

女性たちと LGBTQ の人々が社会生活のなかで経験するさまざまな苦悩や困難の原因は,もっぱら,heteronormative な男の側にあります.それを認めるのが男たちにとって事実上どれほど困難であれ,理論的にはそれは明白です.

feminism の歴史のなかでは,それは,patriarchy[家父長制:男が支配的立場を占める構造]や sexism[性差別:男が女性を差別し,辺縁化する構造]の概念のもとに問われてきました.そして,生得的な生物学的性別を相対化するために,人為的な社会学的性別としての gender の概念が登用されてきました.

さらに,比較的近年 feminism の観点から主題的に論ぜられるようになってきたと思われるのが,sexual harassment[性的いやがらせ],性暴力,性犯罪などの諸現象です.そこにおいて問われるのは,男の「性欲」の問題です.例えば,sexual objectification[性欲対象化:男が女性をもっぱら性欲の対象としてのみ評価し,そのようにのみ扱う態度や行動]の概念に,そのような問題意識が表れています.

精神分析家として,わたしは,それらの問題において根本的に問われるべきものを,phallofascism[ファロファシズム,ファロス・ファシズム]と名づけています.自我理想としての phallus への同一化が,「男である」ことを規定します.その同一化が,male totalitarianism[男性全体主義]と呼ばれ得る社会構造を生み出すと同時に,性的客体としての女性の身体と男の欲望との関繋を規定します.性差別や男の性行動に関する諸問題と諸困難の根本に潜んでいるのは,そのような phallus です.

また,家父長制に関して問われているのは,父の問題です.わたしは,家族制度としての家父長制と区別するために,家父長制の本質を成していたイデオロギーを「家父長主義」(patriarchalism) と呼びます.

関連する語彙に paternalism[干渉主義]があります.ラテン語の pater[父]に由来する語です.家父長制的家族において権力の独占者と見なされる父がほかの家族メンバーの自由や自律性を強権的に侵害するのと同様に,支配と被支配または差別と被差別の構造を有する何らかの集団において,支配者の立場に立つ者が被支配者の立場に置かれた者に対して,たとえ「あなたたちの利害のために」という「善意」にもとづいてではあれ,後者の自由や自律性を侵害するようなしかたで干渉してくるとき,前者は paternalist である,前者の態度は paternalistic である,と批判されます.

果たして「父」は家父長主義的または干渉主義的なものに尽きてしまうのか?そう思えてしまうかもしれません – 特に,キリスト教の「父なる神」がその真理において知られていない場合には.

キリスト教の根本命題のひとつである「神は愛である」は,家父長主義的でも干渉主義的でもない「父」を示唆しています.誰をも排除 (exclude) せず,あらゆる者を包容 (include) する神の愛の働きとしての父の機能です.

精神分析においても究極的に問われているのは,そのような人間の実存構造の要としての父の機能です.

ここでは,これ以上,phallus の問題と父の問題について詳論することはできません.また,ここでは,女性性そのものについて論ずることもしません.

ともあれ,LGBTQ 人権擁護運動と feminism とは,性差別の根本原因である phallofascism に対する批判のために,相互に連帯し得るはずです.そのような連帯は,日本において,支配者層の方向性が全体主義と identitarisme[民族同一性主義]へ向いている今,社会を1945年以前へ逆戻りさせないためにも,おおいに必要であるはずです.どのようにその連帯を具体化し得るかを,今後も考え続けて行きましょう.
 
  
最後に,Feminism for Everybody のために祈りましょう.会場で参加者に配布されたきれいなピンク色のリボン – それを皆,身体や持ち物のどこかに着けました – を自宅に持ち帰ったとき,ふとマリア様の像が目に入ったので,その肩にリボンをかけて,次のように祈りました:

神の母 Maria よ,Feminism for Everybody の参加者と,世界中の feminist すべてのために,ともに祈ってください.あらゆる性差別と性暴力がなくなりますように.すべての男たちが masculine protest と sexual objectification の悪から解放されますように.女性たちが「女であることに内在的な有罪性」の束縛から解放されますように.sexuality や gender にかかわらず,誰もが互いに愛し合えますように.Amen.
Saint Mary, Mother of God, pray with us for all the participants of our meeting "Feminism for Everybody" and for all feminists in the world : May every form of sexism and sexual violence disappear on the Earth ; May every men be liberated from the Evil of masculine protest and sexual objectification ; May every woman be liberated from "sense of guilt inherent in being born female" ; May everybody love each other regardless of sexuality or gender. Amen.

この会合を主催してくださった方々と参加者の皆さんに感謝します.フェミニストたちに天の父の祝福と神の愛の恵みが豊かにありますように!

ルカ小笠原晋也

2017年6月28日水曜日

小宇佐敬二神父様の説教,2017年06月25日,LGBT 特別ミサにて

2017年06月25日の LGBT 特別ミサにおける小宇佐敬二神父様の説教


  

La Vocazione dei primi apostoli (1481-1482), di Domenico Ghirlandaio, alla Cappella Sistina



今日の福音朗読箇所を含むマタイ福音書10章では,十二使徒の選びの後,すぐに,彼らの派遣が描かれます.

三つの共観福音書の基礎となっているマルコ福音書では,313-19節で十二使徒が選ばれ,67-13節で彼らは派遣されます.使徒たちが留守の間のイェスの活動については述べられず,617-29節では,洗礼者ヨハネが無残な死を遂げたことが述べられています.「ヨハネの弟子たちは師の遺体を引き取って,葬った」何となくあっさりと洗礼者ヨハネの事件に幕が引かれているような感じがします.

弟子の派遣と,洗礼者ヨハネの殺害と それらの扱い方が,マルコとマタイの間では,あるいは,ルカとマタイの間では,異なっている,という印象を受けます.

マタイ福音書10章では,十二使徒の派遣に続いて,16-25節で迫害の予告がなされます.いたる所で多くの迫害を受け,場合によっては殺されるかもしれない そのように,殉教の予告までなされます.そして,それに続いて,今日の福音朗読箇所(26-33節)の励ましの言葉が述べられて行きます.

マタイは,マルコよりも,十二使徒の派遣を,全世界へ向けられた教会の宣教のための派遣として,より意識しているのではないか,と思われます.ルカ福音書1001-20節では,そのような意識のもとに,72人の弟子たちの派遣が描かれています.

マタイ福音書が書かれた時代,ユダヤでは,第一次ユダヤ・ローマ戦争(西暦66-73年)は決着し,イェルサレムの神殿は破壊され,ユダヤという国も失われています.他方,未来には洋々たる世界の展望が開かれています.そのような岐路に立って,教会を励まし,さまざまな艱難を乗り越えて福音を述べ伝えて行く その使命が,信じる者たちに託されます.

今日の福音朗読箇所の冒頭で,イェスは言います:「人々を恐れてはならない」.この「人々」は,迫害者たちのことです.そして,迫害の真相が暴露されることになる 「覆われているもので現わされないものはなく,隠されているもので知られずに済むものはない」.

「隠されているもので知られずに済むものはない」.マタイ福音書601-08節と16-18節で,施し,祈り,断食の善行を行うときは密かに行いなさい,とイェスは教えています.隠されているもののなかにおられる神,あるいは,隠されたものを見ておられる神 そのような神が報いてくださる.そういう表現が出てきます.

また,「隠されているもの」は,ダビデの罪 (2 S 11,02 - 12,15) を思い起こさせます.とてつもない罪を犯したダビデ王を,神の言葉を携えた預言者ナタンが,叱責する.ナタンをとおして,神はダビデに言う:「あなたが隠れた所で犯した罪を,わたしは白日のもとに曝す」.人間は,罪を犯すとき,隠れて行います.あるいは,隠されたものとしてそれを行います.しかし,隠されたことは暴露されます.さらに,ダビデの内面がさらけ出され,ダビデはそれを深く見つめる その機会が,彼に与えられます.神の叱責の言葉を聞いて,ダビデは「わたしは罪を犯しました」と素直に認め,ナタンの前にひざまずきます.

人間が犯す罪は,根本的には,己れが世界の中心に立ち,そのまんなかから世界を支配しようとする自己中心性に存します.己れのさまざまな力や能力によって,力無き他者を支配し,収奪し,あるいは,排除しようとする.そのような縦構造の社会が生み出されます.

この縦構造社会を,イェス様は鋭く批判します.旧約聖書のなかでも,それは預言者たちの批判の的でした.

神様の望む世界は,平和な世界です.平和であるためには,平らかであること,皆が平等であること,ひとりひとりの尊厳がきちんと守られること,そして,それによって誠実な関わりが生み出されること,そのようなことが必要です.それが,預言者たちの求めたものです.

そのことを実現するために,新しい命が創造されて行きます.新たな命の創造が約束され,そして,果たされて行きます.

「わたしが暗闇であなたがたに言うことを,明るみで言いなさい.耳打ちされたことを,屋根の上で言い広めなさい」,そうイェスが弟子たちに語ったとき,救いの神秘はまだ実現していませんでした.

イェスの磔刑と復活の出来事をとおして,初めて,十字架の意味は何であるか,その裏にあるもの,その奥にあるものは何であるか,復活と聖霊の注ぎの奥にあるものは何であるか それを,教会は,信じる者は,経験して行きます.

古い人が死に,新しい人が生まれる;神の命を生きる;神の愛を,神の赦しを,神の憐れみを,神の慈しみを,生きる;新しい命の創造が自分自身のうちに起こる それを,経験します.

暗闇で語られたこと,それは神秘 救いの神秘 でした.耳打ちされたこと,それも救いの神秘でした.しかし,十字架と,復活と,聖霊の注ぎをとおして明らかにされたことは,神秘をはるかに超えた恩恵,すなわち sacramentum[秘跡]です.

その喜びを全世界に持って行くことが,使命として教会に託されています.

この世では,人間の力が支配しています.軍事力,経済力,あるいは,教育で得た力 さまざまな力の支配が,今でもまだ当たり前のようにまかり通っています.その支配構造において,排除された弱い者,小さな者,貧しい者は,踏みにじられ,隅に追いやられ,あるいは,底辺で苦しんでいる.

世界のそのような上下関係の構造をひっくり返す もしそれが起これば,上部構造を担う者たちは,大慌てで,下の者たちを迫害する.

しかし,ひっくり返そうとする力は,人間の力ではありません.神の力です.神の無条件的な愛と慈しみ,限り無い共感と憐み,際限の無い赦し それが,世界をひっくり返します.

それが,神の国の完成です.そこに向かって,教会は,二千年来,そして,今も,働き続けています.そこに,わたしたちの大きな役割と使命がある,と思います.

わたしたちは,ひとりひとり,神様にとって,かけがえのない愛し子です.まだ赤ちゃんで,右も左も分からないかもしれない.神様に向かって走って行くこともできない.せいぜい,ハイハイして行くことぐらいしかできないかもしれない.それでも,父である方に向かって顔を上げ,父である方に向かって喜びの微笑みを投げかける それだけでも,十分な証しです.

わたしたちは,貧しく,小さな者です.と同時に,神様にとって宝物です.そのことを,イェス様は教えてくれました.そして,それは確かであることを,あの十字架の姿をとおして,復活の姿をとおして,さらに,彼の息吹を注いでくれることによって,わたしたちに示してくれました.

その命のなかを生きることをとおしてわたしたちに湧きあがる喜びが,その確かさを世に証しするものとなります.

「神秘」は,ギリシャ語で μυστήριον, ラテン語で mysterium です.神秘を人間の言葉や行為によって解き明かすことはできません.救いの神秘が恵みとして経験されるとき,それを sacramentum[秘跡]と呼びます.

聖霊によって神の子として新しく生まれる その洗礼の秘跡によって新たにされたわたしたちは,聖霊の豊かな賜を受けながら,日々,聖体の秘跡によって養われ続けて行きます.

このパンがキリストの体であることを,わたしたちは論証することはできません.しかし,このパンをいただいて,わたしたちのなかに新たに注がれるエネルギーを,わたしたちは実感し,それを表現して行くことができる.それが,秘跡と呼ばれる神秘です.

わたしたちは,ひとりひとり,神様のかけがえのない赤ちゃんです.いたらぬ所,足りない所は数多くあるけれど,互いに補い合いながら,互いに支え合いながら,互いを受容し合って行くことができます.

わたしたちがその愛の賜のなかを歩み続けて行くことができますように.